解析よもやま話【第33回:音響解析と音楽】

Posted by Ken Nakagawa on 2019/06/10 3:31:30

機械製品が発生する騒音をシミュレートする目的で音響解析がよく使われていますが、これは騒音ではなく快い音を求める音楽とも密接に関連しています。

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話

Altair SimSolidの建築デザインワークショップ

Posted by Shusaku Torii on 2019/04/15 4:22:08

3月7日、8日にFabCafe Tokyo(渋谷)でAltair SimSolidのワークショップ「SimSolid - Design and Engineering Workshop Tokyo 2019」が開催されました。Altairは当イベントのスポンサーであり、当日は見学を兼ねて運営のお手伝いに伺いました。


会場の様子

つづきを読む

Topics: イベント

ガラスアンテナで窓を基地局に

Posted by Tetsuya Yamakura on 2019/04/08 3:17:03

窓ガラスに配置されたアンテナ

つづきを読む

GPUコンピューティングによる高速な数値流体計算 - ビル建物の耐風解析

Posted by Takashi Watabe on 2019/04/03 1:36:17

バルコニーを有する中層ビルの風洞実験を模したultraFluidXによる解析結果

つづきを読む

BIMを詳細設計のまま構造解析&地震応答解析

Posted by Takashi Watabe on 2019/03/25 23:33:24

屋根の鋼材3次元モデル構造解析例

建設業界では、コスト、3次元CADや材料などの情報を盛り込んだBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)が広く使用されるようになってきました。BIMで詳細設計された鋼材3次元モデルに対して構造解析や地震応答解析をするとき、梁要素(ビーム)に変換したり接合部を簡素化したり解析の準備に時間がかかり、その割に精度の高い解析ができていないという不満を多く伺います。

 

つづきを読む

解析よもやま話【第32回:多目的最適化】

Posted by Nobuyuki Fukuoka on 2019/03/19 1:26:27

衝突したほうも、されたほうも守りたい

衝突物から何かを守りたい場合、衝突される側をとにかく強くすれば良いです。一方で、衝突物を守りたい場合、衝突される側をとにかく弱くすると良いです。しかし、例えば自動車の衝突のように、衝突する側、衝突される側、どちらも守りたい場合はどうでしょうか?この場合、衝撃保護部材は、強すぎず、弱すぎもしない、絶妙な強さが求められます。本例では、衝突解析にAltair Radioss、絶妙な強さの探索にAltair HyperStudyを使用し、その絶妙な強さとなる衝突保護部材の設計を探索します。形状こそ単純ですが、非常に実践的な例題です。

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話

解析よもやま話 【第31回:強化繊維の配向】

Posted by Nobuyuki Fukuoka on 2019/03/17 18:59:00

射出成型で製造される樹脂部品には、射出時に短い繊維(グラスファイバー等)を混ぜて強化することがあります。このような部品の強度を精度良く予測するには、

  1. 母材となる樹脂に繊維が混ざった状態、かつ
  2. 繊維の配向(主な向き、ばらつき具合)を考慮

した材料特性で計算することが重要です。

どのように計算するのか、また、この2つの予測を行わなかったらどのような予測になってしまうのか、引張り試験で説明します。

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話

解析よもやま話 【第30回:CFRPモノコックボディ】

Posted by Ken Nakagawa on 2019/03/13 20:20:57

先日日本太陽エネルギー学会主催の「電気自動車・燃料電池車・ソーラーカー製作講習会」に参加したのですが、株式会社ジーエイチクラフトの田村様より「コンポジット設計の勘所」と題して、コンポジット材を使用した設計に関して非常に参考になるお話をうかがうことができました。自分なりに感じたところを、一部田村様の講演内容を交えて(ご本人の了承を得ています)記したいと思います。

 

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話, 学生支援

解析よもやま話 【第29回:材料特性】

Posted by Nobuyuki Fukuoka on 2019/02/18 20:15:07

衝突などにより、材料が永久変形するようなシミュレーションを行うには、その材料特性を入力データとして与えなくてはなりません。入力データというのは、通常、応力-ひずみの関係を示します。関係は、測定データであったり、材料モデル式であったりします。今回はSSカーブが手に入らない場合や、ひずみが計測できない場合に役立つ、材料特性を同定して試験にぴったりの荷重-変位線図を再現する手法をご紹介します。使用ツールはRadiossとHyperStudyです。

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話

解析よもやま話 【第28回:非線形解析と対称条件】

Posted by Ken Nakagawa on 2018/11/12 20:11:30

コンピュータの能力の向上に伴って構造解析に用いられるFEMモデルも大規模化が進んでおり、とにかく詳細モデルを作って力ずくで計算する、というのが普通になってきています。しかし、計算能力が向上すればその分FEMモデルも詳細化する、といういたちごっこで、計算に掛かる時間はあまり短くなっていないのが実情のように感じています。そんな中で、計算時間を短縮するテクニックの一つとして対称条件を使う、というのはポピュラーな方法です。昔からよく使われていますが、より詳細なモデルでも短時間に結果を得ることができるので、現在でも有用性は高いと思っています。モデル形状も拘束条件も荷重条件も対称であれば、モデルを対称面で切って1/2や1/4にすることで必要なメモリや計算時間を大幅に削減することが可能です。しかし、解析する現象によっては注意する必要があります。それは非線形でしかも不安定な変形が発生する現象の場合です。

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話


Written by