解析よもやま話 【第28回:非線形解析と対称条件】

Posted by Ken Nakagawa on 2018/11/12 20:11:30

コンピュータの能力の向上に伴って構造解析に用いられるFEMモデルも大規模化が進んでおり、とにかく詳細モデルを作って力ずくで計算する、というのが普通になってきています。しかし、計算能力が向上すればその分FEMモデルも詳細化する、といういたちごっこで、計算に掛かる時間はあまり短くなっていないのが実情のように感じています。そんな中で、計算時間を短縮するテクニックの一つとして対称条件を使う、というのはポピュラーな方法です。昔からよく使われていますが、より詳細なモデルでも短時間に結果を得ることができるので、現在でも有用性は高いと思っています。モデル形状も拘束条件も荷重条件も対称であれば、モデルを対称面で切って1/2や1/4にすることで必要なメモリや計算時間を大幅に削減することが可能です。しかし、解析する現象によっては注意する必要があります。それは非線形でしかも不安定な変形が発生する現象の場合です。

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話

解析よもやま話 【第27回:材料の破断と要素サイズ】

Posted by Nobuyuki Fukuoka on 2018/11/02 2:56:57

今回は、新たに執筆者に加わったアルテアの風雲児、福岡(名古屋在籍、好きな自社製品はHyperStudy)が執筆を担当します。

MultiScale Designer の担当になってからというもの、材料の破断というものを非常に良く考えるようになりました。そして考えれば考えるほど、要素サイズへの依存性が強いということを理解してきました。今回はそのお話です。

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話

2018 Ene-1 GP 鈴鹿 - ほぼKV-Bike観戦記

Posted by Rika Matsuno on 2018/10/10 22:31:00

先月、初スポンサーとなった鈴鹿ソーラーカーレースの様子をレポートしました。少し時間が経ってしまいましたが、その翌日に開催された 2018 Ene-1 GP SUZUKAがとても面白かったので、その様子についても少し書きたいと思います。

つづきを読む

Topics: 学生支援

解析よもやま話 【第26回:慣性リリーフ解析】

Posted by Ken Nakagawa on 2018/10/05 1:25:14

最近、「拘束条件の入れ方が分からない」という質問を、学生さんや企業様から受けることがよくあります。そこで、今回は慣性リリーフ(イナーシャリリーフとも呼びます)という解析手法を紹介したいと思います。

つづきを読む

Topics: 学生支援, 学生フォーミュラ, 解析よもやま話

3Dデザインあれこれ【第8回:STLや3DスキャンデータのCAD化 - きれいな面を新規作成する方法】

Posted by Woohee Kim on 2018/09/05 4:59:00

アルテアの金です。

FEM解析や構造最適化計算結果、3Dスキャンデータなどを、なめらかな面のCADデータに変換する方法として、前編では「STLを直接編集する方法」を紹介しました。今回はすこし時間はかかりますが、「きれいな面を新規作成する」方法を解説します。

つづきを読む

Topics: 3Dデザイン あれこれ

第一回「若手パック会」を開催

Posted by Takashi Watabe on 2018/09/04 2:52:17

2018年8月28日、大手食品会社にて第一回「若手パック会」を開催しました。当会は、アルテアが幹事を務めるPackaging CAE Forum(通称「パック会」)の分科会として発足し、第一回目となる今回はHyperWorks代理店のテラバイト社が幹事となり、包装容器開発に携わる10社(食品4社、消費財3社、ビール会社、その他)の若手12名が集まりました。“若手”とは20代から30代前半のエンジニアで、これからの包装容器開発を担う皆様です。パック会参加者から若手パック会への参加を勧められた方を中心に、遠くは大阪からの参会者もいらっしゃいました。

つづきを読む

3Dデザインあれこれ【第7回:STLや3DスキャンデータのCAD化 - STLを直接編集する方法】

Posted by Woohee Kim on 2018/08/30 1:31:41

アルテアの金です。

今回は、FEM解析や構造最適化計算結果、3Dスキャンデータなどを、3Dモデリング・レンダリングソフトウェアEvolveなめらかな面のCADデータに変換する方法を紹介します。

「STLを直接編集する方法」と「きれいな面を新規作成する方法」の2通りがあります。今回は前者をご説明します(「きれいな面を新規作成する方法」は後編をご覧ください)。

つづきを読む

Topics: 3Dデザイン あれこれ

鈴鹿ソーラーカーレース2018初参加レポート

Posted by Rika Matsuno on 2018/08/19 21:26:01

スポンサーとして参加したFIA Electric & New Energy Championship ソーラーカーレース鈴鹿2018の様子をレポートします。

8月3日(金)、朝から快晴。その日は名古屋が過去最高の40.3度を記録した日でした。かなり強い風が吹いてはいましたが、ダンロップコーナーから吹き抜けてくるその風は熱風。普段のデスクワークで甘やかされたブース要員2名は準備をしているだけで頭がくらくらしてくるというのに、どのピットも緊張感に満ち、テスト走行に向けてキビキビと準備を進めていました。

つづきを読む

Topics: 学生支援

Thought Leader Thursday: CAEエンジニアは設計プロセスにおいてマルチフィジックスをどのように活用すべきか?

Posted by Jean-Baptiste Mouillet on 2018/07/25 18:00:00

*本記事は、米国本社のブログ『Innovation Intelligence』の投稿文を翻訳したものです。
*『Thought Leader Thursday』は、Altairの各分野のリーダーが木曜日に『Innovation Intelligence』に投稿している、記事シリーズです。

つづきを読む

Topics: Thought Leaders, Innovation Intelligence Global

Thought Leader Thursday: 有限要素解析で高精度の結果を得るために必要な4つのこと

Posted by Harold Thomas on 2018/07/18 19:00:00

*本記事は、米国本社のブログ『Innovation Intelligence』の投稿文を翻訳したものです。
*『Thought Leader Thursday』は、Altairの各分野のリーダーが木曜日に『Innovation Intelligence』に投稿している、記事シリーズです。

コンピュータについてよく言われる言葉として、「ゴミを入れればゴミが出てくる」というものがある。これは有限要素解析(FEA)を実施する時には間違いなくこの通りである。ここでは、読者のFEA結果が何かしらの意味を持つための方法について説明する。

つづきを読む

Topics: Innovation Intelligence Global, Thought Leaders


Written by