Nobuyuki Fukuoka

Technical Manager

Recent Posts

解析よもやま話【第32回:多目的最適化】

Posted by Nobuyuki Fukuoka on 2019/03/19 1:26:27

衝突したほうも、されたほうも守りたい

衝突物から何かを守りたい場合、衝突される側をとにかく強くすれば良いです。一方で、衝突物を守りたい場合、衝突される側をとにかく弱くすると良いです。しかし、例えば自動車の衝突のように、衝突する側、衝突される側、どちらも守りたい場合はどうでしょうか?この場合、衝撃保護部材は、強すぎず、弱すぎもしない、絶妙な強さが求められます。本例では、衝突解析にAltair Radioss、絶妙な強さの探索にAltair HyperStudyを使用し、その絶妙な強さとなる衝突保護部材の設計を探索します。形状こそ単純ですが、非常に実践的な例題です。

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話

解析よもやま話 【第31回:強化繊維の配向】

Posted by Nobuyuki Fukuoka on 2019/03/17 18:59:00

射出成型で製造される樹脂部品には、射出時に短い繊維(グラスファイバー等)を混ぜて強化することがあります。このような部品の強度を精度良く予測するには、

  1. 母材となる樹脂に繊維が混ざった状態、かつ
  2. 繊維の配向(主な向き、ばらつき具合)を考慮

した材料特性で計算することが重要です。

どのように計算するのか、また、この2つの予測を行わなかったらどのような予測になってしまうのか、引張り試験で説明します。

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話

解析よもやま話 【第29回:材料特性】

Posted by Nobuyuki Fukuoka on 2019/02/18 20:15:07

衝突などにより、材料が永久変形するようなシミュレーションを行うには、その材料特性を入力データとして与えなくてはなりません。入力データというのは、通常、応力-ひずみの関係を示します。関係は、測定データであったり、材料モデル式であったりします。今回はSSカーブが手に入らない場合や、ひずみが計測できない場合に役立つ、材料特性を同定して試験にぴったりの荷重-変位線図を再現する手法をご紹介します。使用ツールはRadiossとHyperStudyです。

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話

解析よもやま話 【第27回:材料の破断と要素サイズ】

Posted by Nobuyuki Fukuoka on 2018/11/02 2:56:57

今回は、新たに執筆者に加わったアルテアの風雲児、福岡(名古屋在籍、好きな自社製品はHyperStudy)が執筆を担当します。

MultiScale Designer の担当になってからというもの、材料の破断というものを非常に良く考えるようになりました。そして考えれば考えるほど、要素サイズへの依存性が強いということを理解してきました。今回はそのお話です。

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話


Written by