建材落下の頭部への打撃シミュレーション

Posted by Takashi Watabe on 2019/06/25 20:12:00

建築・工事現場では、ひとつの事故が人命に直接関わるため安全第一が基本です。しかし、労働人口が減少する日本では、高齢者や日本語を母国語としない労働者、また非熟練者の労働者割合が増加傾向にあり、事故が起きやすい労働環境になってきています。そこで、事故を未然に防ぐ取り組みはもちろん、事故が起きる過程や想定される事故が起こってしまった際に人体にどのような影響を与えるか、それらを事前に予測するために生体工学研究の応用がますます求められるようになってきました。

つづきを読む

Topics: 事例

中央区京橋周辺の2GHz帯電波環境を解析

Posted by Takashi Watabe on 2019/06/18 16:37:37

アルテアエンジニアリングの東京オフィスは中央区京橋の京橋エドグランにあります。今回は、その京橋エドグラン(地上32階建)の斜向かいのビルに2GHz帯の電波を発する基地局を敷設した場合の電波伝搬シミュレーションを行ってみました。

つづきを読む

Topics: 事例

HyperWorksを用いた工学院大学ソーラーカーの製作(8)HyperWorksレビュー&今後の目標

Posted by Altair Japan on 2018/07/04 19:13:00


昨年末、NHKの「超絶 凄ワザ!」でも取り上げられ、2017年10月にオーストラリアで開催されたBridgestone World Solar Challengeで、悪天候のために半数以上がリタイアする中、工学院大学ソーラーチームは見事7位の成績を収めました。斬新なソーラーカー“Wing”の開発になぜ、どのようにHyperWorksが用いられたのか、詳しく紹介します。

第2話から7話にかけてWing開発の詳細をご紹介してきましたが、最終回としてHyperWorksを使ってみて感じたことと、今後の目標について述べます。

つづきを読む

Topics: 事例, 学生支援

HyperWorksを用いた工学院大学ソーラーカーの製作(7)トポロジー最適化による肉抜きと軽量化

Posted by Altair Japan on 2018/06/27 22:45:00

 

昨年末、NHKの「超絶 凄ワザ!」でも取り上げられ、2017年10月にオーストラリアで開催されたBridgestone World Solar Challengeで、悪天候のために半数以上がリタイアする中、工学院大学ソーラーチームは見事7位の成績を収めました。斬新なソーラーカー“Wing”の開発になぜ、どのように HyperWorksが用いられたのか、詳しく紹介します。

10. トポロジー最適化による肉抜きと軽量化

つづきを読む

Topics: 事例, 学生支援

HyperWorksを用いた工学院大学ソーラーカーの製作(6)CFRPボデー製作

Posted by Altair Japan on 2018/06/20 23:02:00

 

昨年末、NHKの「超絶 凄ワザ!」でも取り上げられ、2017年10月にオーストラリアで開催されたBridgestone World Solar Challengeで、悪天候のために半数以上がリタイアする中、工学院大学ソーラーチームは見事7位の成績を収めました。斬新なソーラーカー“Wing”の開発になぜ、どのようにHyperWorksが用いられたのか、詳しく紹介します。

9. CFRPボデー製作

つづきを読む

Topics: 事例, 学生支援

HyperWorksを用いた工学院大学ソーラーカーの製作(5)安全性の証明

Posted by Altair Japan on 2018/06/13 23:53:00
昨年末、NHKの「超絶 凄ワザ!」でも取り上げられ、2017年10月にオーストラリアで開催されたBridgestone World Solar Challengeで、悪天候のために半数以上がリタイアする中、工学院大学ソーラーチームは見事7位の成績を収めました。斬新なソーラーカー“Wing”の開発になぜ、どのように HyperWorksが用いられたのか、詳しく紹介します。

8. 安全性の証明

羽の積層ではUD材を用いた補強を行いましたが、シャシはドライバーシート、ホイールハウスなどを構造体の一部とすることで、高い剛性を保ちつつ最小限のスペースに収める構成にしました。

つづきを読む

Topics: 事例, 学生支援

HyperWorksを用いた工学院大学ソーラーカーの製作(4)フラッター現象の解析

Posted by Altair Japan on 2018/06/06 19:24:00

極薄の羽が走行時にフラッター現象を起こす可能性を調べた
(旗を振ると旗がたなびく現象がフラッター現象の1例です)

昨年末、NHKの「超絶 凄ワザ!」でも取り上げられ、2017年10月にオーストラリアで開催されたBridgestone World Solar Challengeで、悪天候のために半数以上がリタイアする中、工学院大学ソーラーチームは見事7位の成績を収めました。斬新なソーラーカー“Wing”の開発になぜ、どのようにHyperWorksが用いられたのか、詳しく紹介します。

7. フラッター現象の解析

つづきを読む

Topics: 事例, 学生支援

HyperWorksを用いた工学院大学ソーラーカーの製作(3)極薄の羽の積層計画

Posted by Altair Japan on 2018/05/30 23:21:00

 

昨年末、NHKの「超絶 凄ワザ!」でも取り上げられ、2017年10月にオーストラリアで開催されたBridgestone World Solar Challengeで、悪天候のために半数以上がリタイアする中、工学院大学ソーラーチームは見事7位の成績を収めました。斬新なソーラーカー“Wing”の開発になぜ、どのようにHyperWorksが用いられたのか、詳しく紹介します。

6. 極薄の羽の積層計画

つづきを読む

Topics: 事例, 学生支援

HyperWorksを用いた工学院大学ソーラーカーの製作(2)CFRPボデー構造と積層計画

Posted by Altair Japan on 2018/05/23 23:06:00
昨年末、NHKの「超絶 凄ワザ!」でも取り上げられ、2017年10月にオーストラリアで開催されたBridgestone World Solar Challengeで、悪天候のために半数以上がリタイアする中、工学院大学ソーラーチームは見事7位の成績を収めました。斬新なソーラーカー“Wing”の開発になぜ、どのようにHyperWorksが用いられたのか、詳しく紹介します。

5. CFRPボデー構造と積層計画

つづきを読む

Topics: 事例, 学生支援

HyperWorksを用いた工学院大学ソーラーカーの製作(1)

Posted by Altair Japan on 2018/05/17 19:58:35


オーストラリア アデレードのゴール 2017年10月 BWSC2017

昨年末、NHKの「超絶 凄ワザ!」でも取り上げられ、2017年10月にオーストラリアで開催されたBridgestone World Solar Challengeで、悪天候のために半数以上がリタイアする中、工学院大学ソーラーチームは見事7位の成績を収めました。斬新なソーラーカー“Wing”の開発になぜ、どのようにHyperWorksが用いられたのか、詳しく紹介します。

1. 工学院大学ソーラーチームとは

つづきを読む

Topics: 事例, 学生支援


Written by