SIM_Webinar_ESD_AutoAero_Hubspot_Header

電子システム設計(ESD)ウェビナーシリーズ

信頼性、パフォーマンス、開発効率を向上させるシミュレーション活用

航空宇宙および防衛産業は高度な電子システムに大きく依存しており、その目的は通信/制御/ターゲティングシステム/脅威の検出/アセット追跡/ヘルスモニタリング/戦域運営など多岐にわたります。これらシステムでは、忠実度の高いアンテナを複数使用する場合や、デバイス、システム、車両内での配置において、信号強度と信頼性を最大化するために干渉をなくす必要があります。本ウェビナーシリーズでは、複雑な電子システムの開発をサポートする、電磁界シミュレーション活用と技術的な詳細をご紹介します。

対象

エンジニアリングマネージャー、EMCエンジニア、アンテナ技術者・設計者、RFエンジニア、防衛機関(海軍、空軍、陸軍を含む)の無線サイトエンジニア、軍事/航空宇宙業界のOEMおよびサプライヤー

 

終了したウェビナー

 

開催日程 <全7回>

複雑なレドーム電磁界シミュレーションを数分で

2021年5月25日(火)| 14:00- <約40分>

imgonline-com-ua-resize-gCbBtWc7pVh

レドームは、レーダーへの電磁信号を劣化させることなく、アンテナと電子機器を悪天候や環境要因から保護する構造的な筐体です。アンテナの電気的性能への影響を最小限に抑え、構造的および風荷重性能要件に耐えるように設計されています。これらは、航空宇宙、防衛、電子機器、電気通信など、複数の業界で使用されています。レドーム、特に複数の層と湾曲したFSS要素を含むレドームは複雑であり、これらのシステムのモデリングとシミュレーションは通常、完了するまでに数日から数週間かかる場合があります。Altairの合理化されたレドームシミュレーションソリューションは、この時間を数分に短縮します。このウェビナーでは、Altairのレドームシミュレーションソリューションと、レドームシステムを設計するためのアプリケーションについて概説します。

レーダーシステムのRCSと散乱シミュレーション

2021年6月29日(火)| 14:00- <約40分>

rcs4

革新とデジタル化は、電磁界シミュレーションが不可欠になっている高度な検出システム、自動運転車、ステルス技術を設計する際の重要な要素です。このウェビナーでは、レーダー断面積(RCS)と散乱計算にとって重要な中心的概念について説明します。これには、さまざまなアプリケーションの調査が含まれ、確立された業界をリードするソリューションを活用して、顧客が困難な問題を解決するのに役立つ最新の機能のいくつかに焦点を当てます。

電磁放射ハザードコンプライアンスのための設計

2021年7月27日(火)| 14:00- <約40分>

radhaz5

5G、V2V通信、e-モビリティ、IoTなどの新技術により、環境内の電磁界ソースの数が増加します。このような電子システムを設計するときは、電磁放射ハザード基準(ICNIRP 2020など)への準拠を保証する必要があります。このウェビナーでは、人員、兵器、および燃料に対する電磁放射の危険性と、Altairテクノロジーを使用した数値解析によってこれを軽減する方法について説明します。防衛、自動車、電気通信のケースヒストリーが提示されます。

レーダーおよび無線システムのカバレッジの最適化

2021年8月31日(火)| 14:00- <約40分>

radar6

シミュレーションを使用して、無線およびレーダーシステムによって提供されるカバレッジを予測、分析、最適化、および計画することは、開発、計画の時間、コストともに削減するための鍵です。また、場合によっては、これが通信の問題を特定して修正するための唯一の実行可能なアプローチとなります。このウェビナーでは、大規模な地形、都市、または内部の詳細を備えた建物など、複雑な環境での電波伝搬解析のシミュレーション戦略の概要を説明します。さらに、干渉と妨害の影響について説明し、多くの送信機を備えたシステムの周波数割り当てを自動的に最適化する方法について説明します。

RFデバイスの迅速な設計と最適化

2021年9月28日(火)| 14:00- <約40分>

RF Devices

高速で正確なEMシミュレーションソリューションの時代でさえ、複雑なパッシブマイクロ波コンポーネントの開発は依然として困難な作業です。この設計上の課題に対処し、RFコンポーネントの開発サイクルを大幅に短縮するために、新しいハイブリッドソルバーソリューションが利用可能になりました。このウェビナーでは、3D-FEMのみに依存する一般的なソルバーに比べて大きな利点があり、一般的なフィルターとホーンアンテナの設計例を使用して、このようなコンポーネントの迅速な合成と最適化について紹介します。


 

終了したウェビナー

アンテナ設置性能の最適化

2021年3月30日(火)| 14:00- <約30分>

アンテナ設置性能の最適化
新しいアンテナの設計と大規模なプラットフォームに設置されたアンテナの性能分析には、高性能コンピューティング(HPC)環境で実行できる拡張性の高い電磁界ソリューションが必要です。電磁気学およびHPCテクノロジーの先駆的な企業としてAltairが独自に提供する電磁気学ソリューションは、アンテナの設置性能の迅速な設計/評価を可能します。このウェビナーでは以下のトピックをご紹介します。
  1. アンテナの設計と開発を加速する直感的なガイド付きワークフロー
  2. 大規模構造の高忠実度解析のためのプライベートおよびクラウドHPCリソースとのシームレスな統合
  3. 卓越した結果の精度
  4. 複数の動作環境シナリオ内でアンテナのパフォーマンスを評価する機能

ソリューションの詳細:

エアバス社によるヘリコプターの事例

ノースロップ・グラマン社の事例

 

録画視聴

大規模プラットフォームにおけるコサイト干渉の軽減

2021年4月27日(火)| 14:00- <約40分>

imgonline-com-ua-resize-iqlNk9ToqNTvlxqy

フリゲート艦、戦闘機、装甲車両などのプラットフォームでは、通信システム(SATCOMを含む)、レーダー、測位システムなどのさまざまな電子システムのために、送信/受信アンテナを多用することがしばしばあります。これらのシステムは異なる周波数で動作している場合でも、近接しているために干渉する可能性があります。電磁界シミュレーションツールを使用してコサイト干渉を分析する際、以下の2点が重要となります。

  • プラットフォームが複雑で、Line of sightが存在しない場合でも、広い周波数範囲にわたるアンテナ間の結合を正確に決定すること
  • 高調波、相互変調、IFブレークスルー、イメージ周波数などの非線形電子効果の影響、TxおよびRxスペクトル、およびレシーバーブロッキングの考慮

コサイト干渉を分析するAltairのシステムソリューションを、干渉の原因を特定・排除するまでの実例をもとにご紹介します。

録画視聴

講演者

本ウェビナーシリーズは、英語によるウェビナーシリーズを日本語に再編集したものです。オリジナルの英語版ウェビナーでは、以下の方々が講演しています。

SIM_Webinar_ESD_AutoAero_Soler

Dr. Jordi Soler

Vice President

Electromagnetics / Electronic Solutions

Altair

LinkedIn プロフィール

SIM_Webinar_ESD_AutoAero_Huysamen

Johan Huysamen

Project Development Manager

Electromagnetic Solutions

Altair

LinkedIn プロフィール

SIM_Webinar_ESD_AutoAero_Vogel

Dr. Martin Vogel

Sr. Program Manager

Wireless Solutions

Altair

LinkedIn プロフィール

SIM_Webinar_ESD_AutoAero_Woods

Brian Woods

Senior Program Manager

Electromagnetic Solutions

Altair

LinkedIn プロフィール

SIM_Webinar_ESD_AutoAero_Maeurer

Christoph Maeurer

Team Manager

Electromagnetics

Altair

 

SIM_Webinar_ESD_AutoAero_Delgado

Dr. Carlos Delgado

Researcher

Electromagnetic Solutions

Altair

SIM_Webinar_ESD_AutoAero_Ihmels

Dr. Ralf Ihmes

President

Mician Inc.

LinkedIn プロフィール

お申し込み