2016年3月17日(木)13:30-14:30        

solidThinking Activateは、solidThinking 2016から新たに加わる、1DCAEと制御システム設計のための最先端ツールです。多数のブロックライブラリを標準で内蔵しているのはもちろんのこと、複数モデルのマルチウィンドウでの同時表示 / 操作をはじめとする画期的な操作性、信号ベースと物理(Modelica)モデルの融合、連成シミュレーション機能(MBS、FMI等)の標準装備、既存の制御システムモデル資産の活用等、最新製品にふさわしい革新的な機能と操作環境を提供します。

*solidThinking 2016バージョンリリースに伴い、『solidThinking VisSim Simulate』は『solidThinking Activate』に名称を変更しました。


solidThinkingとは?

solidThinkingは、設計者の視点で企画・デザイン・開発されたコンセプトデザイン創出のためのソフトウェアブランドです。人間中心設計(HCD)に基づいて開発された新しい製品群は、従来のCAE専任者向けツールとは全く異なる圧倒的な使いやすさを実現しており、Altairのイノベーションを実感できるユーザーエクスペリエンスを設計者の皆様に提供します。solidThinkingは、以下の製品で構成されており、全ての製品はHyperWorksユニットでも利用可能です。

solidThinkingに含まれる製品群は、設計の検討や結論を早めたり、意匠アイデアを簡単に具象化したりするほか、画期的な概念設計形状の創生による大胆な軽量化や試行錯誤回数の削減達成、1DCAEの利用による3Dモデル作成に先駆けたシステムの性能の検証 / 最適化など、設計期間の短縮と製品性能の向上に大きく寄与します。

本ウェビナーでは、solidThinking 2016で各製品に導入された新機能を中心に、デモを交えながら紹介します。

solidThinking Activate最新版
ウェビナー資料ダウンロード